シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】渋谷ではたらく社長の告白 藤田晋

渋谷ではたらく社長の告白 藤田晋 著

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉 (幻冬舎文庫)

 

今やAbemaTVなどでも有名なサイバーエージェント社長の藤田晋さん。本書では、藤田晋さんが起業するまで、そしてその後の苦悩のストーリーも描かれている。

 

【本書概要&感想】

 藤田晋さんは、東大生のようにめちゃくちゃ頭が良いというわけでは無いということが共感値を上げているように思う。その代わりに彼は"21世紀を代表する会社をつくる"といった強い信念は誰よりもあり、大学時代にも雀荘やバーなど変わった経験をして、そして営業の会社のバイトを始めるなど行動力も高い方だったように思う。営業のバイトで圧倒的な働きで結果を残し、渡辺専務という恩人に出会う。しかし、ライバル会社への入社や、専務を社長として会社を作ろうといって最終的には自分が社長になると決め専務は去ってしまったことなど、苦しい裏切りをすることになってしまう。

 インターネット業界がドッグイヤーと呼ばれる中で起業し、営業に強いインターネット企業として活動した。恋人とも別れ、一日も休まず働く仕事の日々が続く。波に乗ったまま26歳のときに最年少社長として上場する。しかし、ネットバブルがはじけてサイバーエージェントの時価総額も下落する一方。辞めていく社員も大勢いた。そして会社を諦める瞬間もあったという。そんな中残った社員との結束は強く、時間はかかったものの時価総額も回復していく。

 オン・ザ・エッジの堀江貴文、インテリジェンスの宇野社長、GMOの熊谷社長、楽天の三木谷社長、村上ファンドの村上世彰社長など名だたるメンバーとの繋がりや信頼関係が描かれているのが面白い。文章も難しすぎず、短めなので読みやすかった。

 

満足度 ★★★★☆