シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】誰の味方でもありません 古市憲寿 著

誰の味方でもありません 古市憲寿 著

誰の味方でもありません (新潮新書)

誰の味方でもありません (新潮新書)

 

古市さんは割と好きなので少し気になった本。

 

【本書概要&感想】

 過去のエッセイなどがざっくり並べられてある感じ。基本的に古市くんの雑談のようなエッセイから、彼らしい考え方が見受けられた。現在の政情を彼なりの視点で語っていたり、嫉妬・炎上などについても書かれたりしていた。無機質であまり興味を示すことは無いような印象だったが、むしろ興味を持つものは持っている。そしてなんだかんだ色んな体験や行動をして、幅広い分野に対して意見を持っている人なんだなと思った。

 

満足度 ★★☆☆☆