シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】7つの習慣 まんがでわかる ベストセラー

7つの習慣  スティーブン・R・コヴィー

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

歴史的ベストセラー。原作は分厚くてしんどそうなので、お手軽なマンガ版で読みました。

 

【感想】

 人間の根や幹となっている部分は人格であり、これを磨いてこそ真の成功に近づく。人格を高める行動を習慣として身につける。それが7つの習慣。

 

「自立(私的成功)」

1. 主体的である

 人間として自分の人生に対する責任をとること。反射的反応でなく自覚する。自分が外部を刺激できる。

2. 終わり(目標)の設定

 すべてのものは2度つくられる。価値観が原則に基づいているか。

3. 最優先事項を優先する

 時間を管理しているようで、時間に管理されてないか。緊急でないが重要なこととはなにか。自分を使うときは効率、人を使うときは効果を考える。

 

「相互依存(公的成功)」

4. Win-Winを考える

 欠乏マインドから豊かさマインドへ。誰かが幸せになると自分が不幸になると思いがち。幸せは一定量でなく、作り出せるもの。

5. まず先に理解し、そして理解される。

 心の底から理解しようとする聞き方。何を言ったかでなく、どういう人物かを見て人はついてくる。

6. シナジーを作り出す(相乗効果)

 違いを尊重する。第3の案を生み出す。妥協には危険もある。

  

「全てに共通」

7. 刃を研ぐ

 体調(肉体)、観点(精神)、自律性(知性)、つながり(社会・情緒)。こう見られたいに矛盾しないために、自分を高めたほうが楽。

 

以上が7つの習慣の概要。マンガ版だが、結構内容がしっかり書かれていた。

 

満足度 ★★★☆☆