シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】20代でやっておきたいこと を23歳が読む!

20代でやっておきたいこと 川北義則 著

「20代」でやっておきたいこと

「20代」でやっておきたいこと

 

以前,「20代にしておきたい17のこと」という本田健さんの本を紹介した。本書も似たようなタイトルの本ですが、類似点や相違点を見つけながら読めれば良いと思います。

 

【感想】

  全体的に、具体的に何をするかよりもどういう意識を持って生きていくかという自己啓発系のことが多く書いてある印象。「とりあえず20代は小賢しいことを考えずにやってみる、そして楽しむ。」ことに尽きるのだと思う。「自分に解決できる問題しか自分には降り掛かってこない」とのこと。印象的であったことは、多くの人の後悔は「もっと~しておけばよかった。」であり、しなかった内容よりもっとやっておけば良かったということ。新しいことを始めるのに目が行きがちだが、今していることでやりきれていない事はないかも考えるきっかけとなると思う。他にも、アピール力や礼儀、人間関係のことなど様々なことが書かれていました。具体的にすぐにでも実践してみることのできる内容があればもっと良かったかも。

 

満足度 ★★☆☆☆