シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】20代から1500万円! 積立投資の本!

20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

 

kindleで読むのにはマンガ版の本が丁度良い気がする。 今回は投資の本。

 

【投資を始めるには】

まずは自分の使っているお金についてneedsとwantsに分ける。

⇨ wantsの部分を見直し,毎月いくらなら投資に回せるのか考える。

 

投資は予想せずに長期で買うが鉄則

やるなら投資信託と変額保険の2つ!

 

 

◯ 投資信託

  • 分散、一定の金額・ペースでリスク減少させる。
  • 金融機関とは分別管理されていて安全(預けた金融機関の倒産による目減り無し)
  • リバランスを年に2,3回または急な経済ニュースがあったときに行う。

    リーマンショックなどで価格が下がった時には、小さく下がったものを売却して、大きく下がったものを買う。価格が下がると焦る人もいるが実はチャンス!

 

◯ 変額保険

変額保険には死亡保障と投資運用の2つの性格がある。

貰えるお金が世界中の経済環境と連動。保険の強制力。⇐ 投資のような感覚

 

 

【感想】

 投機は投資と違う。投機は、一瞬でお金を儲けようとするギャンブル。この事にはしっかりと気をつけていきたい。保険は無闇に入らず、損失の大きさで考える。投資は始めるのが早い程良い。20-30代は毎月ちょっと頑張って5万円、40-50代は毎月3万で即始める、60-70代は投資はもう危険なので節約に回る。他にもダブルインカムなど意識していきたい事は多い。

 

満足度 ★★★☆☆