シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】死ぬこと以外かすり傷 箕輪さんの周りにはなぜ「熱狂」が生まれるのか

死ぬこと以外かすり傷 箕輪康介 著

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

 

箕輪さんのことはあまり知らなかったのですが,ホリエモンや前田祐二さんと仲が良い事から存在を知るようになり,気づけば無性に中身も知りたくなるような人になっていました。

 

【本書内容および感想】

 本書では,箕輪さんの生き方が描かれており,異常なまでの活動をこなし情報を浴びてきた人間の話である。安心安全なことにむしろ危機感を覚えて未開の地に飛び込み,死に物狂いでこなしていく姿勢。自分がまず無防備となって人をキャッチし,人を使うなら自分が誰よりも汗を流す。箕輪さんは,今でこそ風呂敷広げ人だが,それまでは自分で風呂敷を畳み続けてきた。そのような人間の周りに「熱狂」が生まれることには納得であった。「スピードが熱を生み,量が質を生む」これを体現しており,この人のストーリーは今や最高の商品となっていると思う。

 本書を読んで,会社の顔色を伺っていたり,看板や肩書きで権威付けする生き方は確かにつまらないと感じた。私は現在就職活動もしているが,大企業でも玉拾いみたいな仕事しか回ってこなかったらヤバいし,チャンスが多く得られる組織という視点も持っていたい。「努力は夢中には勝てない」これからは夢中を見つけられる人ほど豊かであり,行動して見つけていくしかないと感じた。

 

これからできる事・意識したい事

口癖を変える「やりたい、いきたい」⇒「やります、行きます」

変わり続ける事を止めない

意識くらい高く持つ

自分に嘘をつかない

 

満足度 ★★★☆☆