シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】伝え方が9割 「うわっ!確かに伝えられてた」

伝え方が9割 佐々木圭一 著

伝え方が9割

伝え方が9割

 

漫画版も出ているほど人気の一冊だったので読んでみました!

 

【感想】

    本書では、感動や意図をより印象的に伝えるような手法や考えを様々提示していた。本書を読んで、「確かにあのCMこの手法してるな」「あの広告や曲が頭に残るのはそういうことなのかも」などと思うことが多かった。そして今も、ふと頭に残ったことがあったりすると、本書に書いてあるような手法を探してしまうことがある。それくらい納得できるような手法のように感じる。他にも、メールでの伝え方や嫌いな事を回避する伝え方は参考にしていきたいものであった。個人的に印象的であったことは、今の時代は「個人の発信力が求められる」という事だ。確かにメニュー表に"バイトの誰々が勧める〜"などと書いてあると気になってしまう自分に気づいた。

   以上のように、自分の意識していなかったところでの伝え方について考えることのできる本だと思います!

 

満足度 ★★★☆☆