シンの読書日記

理系大学院生による読書中心の日記。

【書評】君たちはどう生きるか 2018年最も売れた名作を読書レビュー!

君たちはどう生きるか (漫画版) 

漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

 

僕が読書を始めだした頃,どこの書店に行っても目に止まる位置に置いてあった本です。ここまで売れていたら読んでみるしかないですよね。

 

【感想】

 本書は,漫画版でサラッと読めるのかと思っていましたが,文章の部分も充実していて読み応えもあり,読書が苦手な人にも丁度良い一冊かと思います。基本的には,漫画形式で分かりやすく快適に読むことができ,大事な部分はしっかりと文章となっていてる,といった感じでした。

 自分よりもかなり年下のコペルくんに様々考えさせさられました。僕の印象的であったことを2つ挙げさせていただきます。

 

・変えられないことを考えることを止めれば余計な感情に振り回されない

 僕は本当にクヨクヨしてしまう性格だと感じています。そんな僕にはこの考えは持っておいたほうが絶対に楽に生きていけると思いました。変えられることだけに目を向ければ無駄な時間も減るし,次の行動がはやく生まれます。嫌われる勇気などの本にも似た内容がありますが,やはり大事だと思います。

 

・「生産する人」に価値がある

 本当にこれは思います。僕は,大学院まで行って長い間学んでいますが生産しているかって言われたら圧倒的にしていないです。僕と同年代や僕よりもだいぶ若い年でYoutubeやSNSで発信を続けている人,何かに熱中して生み出している人,高校を卒業してすぐに働きだしている友達,など本当に尊敬しますし,劣等感も感じます。そういった人達は本当に刺激的です。自分も地道でもいいので生産を増やして行きたいし,生産という意識を持って今の大学院生活で勉強もしていきたい。

 

 他にも,自分中心と俯瞰した視点,苦しみと正しい道,なぜ勉強するか,など考えさせられる事は多かったと思います。皆さんもぜひ読んでみてください!

 

満足度 ★★★☆☆