シンリード@理系読書

理系大学院生による書評と読書感想文

【書評】ゼロ秒思考 物事を考えるのに1秒も要らない。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 赤羽雄二 著

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

私は,打ち合わせやグループでの活動の時,いち早くアイデアを出す事ができない自分にもどかしさを感じていました。そんな中見つけたのが本書です。考えをゼロ秒で生み出す,とても気になって読みました!

 

【感想】

 私は瞬発的な判断力や発想力に欠けていると感じていました。基本的には,頭の中で考え込んである程度構想ができるまで発言できない。その結果,特に良いアイデアが生まれる訳でもない。そんな自分を感じる事がありました。本書を読んで私は,頭の中で考えすぎている,もっと書き出して吐き出そう、そう思うようになりました。

 本書では,頭に浮かんだあらゆる事を紙に書き出すというシンプルなトレーニングを提案している。実際に実践してみると,全体像が生まれスッキリと脳が整理されていく事が少し実感できました。思考法もトレーニングによって強化される、これまでこの事実を知らなかったのはまずい,もっとトレーニングしないと!そう思いました。ただ,本トレーニングはシンプルで実践しやすいですが,継続できる人は本当に一握りだと思います。著者がこのメモ書きを何年も続けていることを考えると,本当にゾッとします。このようなトレーニングを続けて来た人がゼロ秒思考という境地に達することは納得ですし,頭の良し悪しをこのような思考法で考える事もあまりありませんでした。知識の量に関わらず,この思考ができる人は確かに頭が良いと感じます。本書は,自分が足りないと感じていたことの改善策について気づきを与えてくれるような本でした!今後は,本書通りの手法をやリ続けるのが最もだが,書き出して整理していくという意識は絶対に持って,他の行動に活かしていこうと思いました。

 

満足度 ★★★★☆